【海外ドラマ×リスニングの教科書】

ここからは有料になります。

この記事では、リスニングに重点を置いて解説してきました。
なぜかというと、僕がリスニングでめちゃくちゃ苦労したからです。

  • 本屋さんでリスニングCDを買っても、5分ぐらい聞いたら挫折
  • 「英語 リスニング」でググって出てきた勉強法は、全て挫折
  • 高額な教材も買っても、全く意味がなく・・

 

結局、英語で30万円ぐらい無駄にしました。

「英語 リスニング」でググっても、基本的に下記しか出てきません。

英語を聞き取る→答え合わせ

たくさんの勉強法がありますが、結局は色んなパターンで↑をやってるだけ。

 

でも、そもそも僕たちはリスニングが苦手です。

 

答え合わせをしても、ほとんど不正解。

赤ペンで真っ赤になったノートを見て、自信を失い、挫折。

 

それを繰り返すから、最初の数ページしか使ってないノートがどんどん増えていく。

積み重なった挫折の山を見て、「やっぱり英語は無理」という気持ちが強くなる。

 

「今度こそ!」と思っても、さらに挫折の山を高くするだけ。

そうしてかなりのお金と時間を無駄にして、

りょうすけ
もう英語は諦めよう・・

と思っていた僕がついに出会ったのが、この記事で紹介した
①発音練習
②英語多読

であり、これから紹介する
③海外ドラマ × 多聴 × 精読 × 聞き流し
です。

続きの目次
【1章】海外ドラマ×多聴
【2章】海外ドラマ×精読
【3章】海外ドラマ×聞き流し
【4章】自宅を海外ドラマ環境に
【5章】洋書×リスニング
【6章】 TOEICリスニングの裏技
【7章】英語&TOEICとの向き合い方

これから紹介する勉強法で、あれほど苦手だったリスニングが、少しずつ出来るようになり・・

1年3ヶ月で、TOEIC440→875点を達成することが出来たんです。

 

リスニングが死ぬほど苦手だった僕が、仕事も忙しい中、どうやってTOEICスコアを短期間で『435点』も上げることが出来たのか。

その方法を全て公開します。

 

正直、やり方はシンプルです。

これから紹介する勉強法を実践することで、誰でもリスニング力を伸ばすコツを掴むことが出来ます。

 

初心者の方でもしっかり結果が出せるよう、便利なツールも紹介しています。

「でも、やっぱり難しいんでしょ?私には才能が無いから無理だ」

と諦めないでください。

 

もちろん、広告でよくある「1日5分、3週間で英語が聞き取れる!」みたいなことはありません。

最初はうまくいかないかもしれないし、心が折れるときもあります。

 

僕も試行錯誤しまくって、挫折の山を重ねて、少しずつリスニングのコツを身につけました。

結局、『試行錯誤する時間』が最も英語力を伸ばします。特別な才能は必要ありません。

 

大事なのは「続けること」です。正しいノウハウを持って継続すれば、誰でも英語力は伸ばせます。

 

もう本屋に行ってタイトルに「リスニング」と入った参考書を買う必要はありません。

あなたはまだ、リスニングCDで消耗し続けますか?

 

いまは海外ドラマを使った多聴 × 精読 × 聞き流しで楽しくリスニング力を伸ばす時代である、と僕は思っています。

これから紹介するのは、TOEICにしか使えないテクニックではなく、実践的なリスニング力を身につける技術です。

 

ただし、英語に本気じゃない人は購入しても意味がないので買わないでください。

これから紹介するのは、「時間をかけて、確実にリスニング力を伸ばす」方法です。

 

興味本位での購入を防ぐためのハードルとして、価格は高めに設定します。

適当に読むだけではお金の無駄です。絶対に買わないでください。

 

しかし、あなたが英語に本気なら、金額以上のノウハウをお伝えすることを約束します。

僕はこのノウハウを得るまでに、30万円ほどかかりました。

 

正直、ノウハウを独り占めしたい気持ちもあります。

でも、本気で英語をやり直したい方に限り、19,800円で公開することを決めました。

 

価格は高めですが、これから一生使えるノウハウを書いているので、十分に元は取れます。

あまり広めたくはないので、売上が50部を超える度に値上げしていきます。なので、お早めの購入をオススメします。

りょうすけ
ぜひ続きを読んで、実践的なリスニング力を身につけてください!