英語のリスニングで寝ちゃうなら、これを聞け!

英語学習

リスニング教材を聞いてると眠くなる・・

↑こんな悩みを解決します。

 

こんにちは、りょうすけです。

リスニングの練習をしてると眠くなる問題を解決し、TOIEC440→875点を達成しました。

 

結論からいうと、まずはリスニングの前に英語を読みまくる。

その後で「楽しい英語」を聴きまくる→音読するのがオススメです。

 

大量の黙読→リスニング→音読

大前提として、読めない英語は聞き取れません。

僕は↑これに長いこと気付かず、読めもしない英語を聞き取ろうと消耗していました。

英語をそれなりにスラスラ読めるようになるまでは、リスニングの練習は不要です。

 

①洋書を大量に黙読

英語をスラスラ読めるようになるまで、ひたすら大量の英語を黙読しましょう。

大量に読むためにオススメなのは洋書、特に小説です。

 

参考書や問題集で読む練習をしてる人は多いですが、ぶっちゃけクソつまんない退屈ですよね。

間違いなく続きません。

 

小説なら夢中で読むことができるので、自然と大量の英語に触れることが出来ます。

とはいえいきなり海外小説を読むのは難しいので、コツを↓の記事で解説します。

 

②お気に入りの洋書を見つける

洋書を読みまくると、お気に入りの本が見つかるはずです。

だいたい20冊ぐらい読むと、めちゃくちゃハマる本が1〜2冊ぐらいあるぐらい。

その本を使って、次のステップに入っていきます。

 

③オーディオブックを繰り返し聴く

お気に入りの洋書が見つかったらオーディオブックを聴きましょう。

オーディオブックとは、本の朗読音声のこと。

 

オーディオブックはAudibleで買うのがオススメ。

AudibleはAmazonが運営しているオーディオブックサービスです。

30日のお試し登録が可能で、1冊は無料でもらえます。

2ヶ月目からは
・月額1,500円で1冊無料
・2冊目からは30%割引で購入可能

ちょっと高い気もするので、1冊だけもらって退会もアリです。

 

Audibleに対応しているオススメ洋書は↓

 

【初級】Magic Tree House

↓初級向けで短いので、無料でもらうのは勿体無いかも。買うなら割引価格で。

>>Amazon商品ページへ

 

【中級】There’s a boy in the girls’ bathroom

↓このあたりから物量が多くなるので、無料でもらってもお得感あり。

>>Amazon商品ページへ

 

【上級】Master of the Game

↓めちゃくちゃ分厚い本で、オーディオブックの長さは13時間超え。これを無料でもらえるのは超お得。

>>Amazon商品ページへ

 

【番外編】自分を操る超集中力

↓もちろん、日本の本のオーディオブックもあります。

>>Amazon商品ページへ

この本の著者メンタリストDaigoさんのオーディオブック勉強法がこちら↓

 

この勉強法、めちゃくちゃすごくないですか?

メンタリストDaigoさんの『自分を操る超集中力』はこれから勉強を頑張りたい方に聴いてほしい名著です。

Audibleの1冊目にも絶対オススメ!

Audibleを無料体験

 

④お気に入りのシーンを音読

お気に入りの洋書のオーディオブックを繰り返し聴いたら、中でもお気に入りのシーンを音読していきましょう。

全く興味のない教材を音読するのはめちゃくちゃダルいですが、好きな小説の好きなシーンであれば楽しく音読できます。

音読の前には英語耳という本で発音を勉強しておくと効果的です。

 

  1. 洋書を大量に黙読
  2. お気に入りの洋書を見つける
  3. オーディオブックを繰り返し聴く
  4. お気に入りのシーンを音読する

↑でリスニング力がどんどん伸びるので、ぜひ試してみてください!

 

【おまけ】Audibleは返品可能

あまり知られていませんが、Audibleで購入したオーディオブックは返品可能です。

お試し登録で無料でもらったものもOK。

その場合、無料で1冊もらえる権利も戻ってきます。

 

手順はこちら↓

①画面右上からアカウントサービスへ

 

②購入履歴(返品)へ

 

③返品したいオーディオブックの「返品する」ボタンを押す

 

④返品する理由を選び「返品する」ボタンを押す

 

以上で返品完了です。

このように、ボタンを押していくだけでOK。

特に「ナレーションが気に入らない」ことは結構あるので、覚えておくと便利です。

 

Audibleを無料体験!

>>Amazon商品ページへ

タイトルとURLをコピーしました