英語を勉強するときは、わからないところは飛ばせ!

りょうすけ
英語の参考書を読んでると、わからないことだらけで嫌になる・・やっぱり英語は無理かも

↑こんな悩みにお答えします。

この記事の内容

  1. わからないところは飛ばしてOK
  2. そもそも、参考書も後回しでOK
  3. 自分のレベルに合った勉強を

 

こんにちは、りょうすけです。

社会人になってから英語をやり直し、TOEIC875点を取りました。

 

英語を勉強してると、わからないことだらけですよね。

僕は「現在完了形」がどうしても理解できなくていつも挫折してました。

 

この記事では、わからないことへの対処法をお伝えします。

英語が難しくて悩んでいる方はぜひ読んでみてください。

 

①わからないところは飛ばしてOK

結論:わからないところは飛ばしてOKです。

理由は、参考書を順番に理解していく必要は全くないからです。

 

よくわからないページを飛ばしたって、次のページの内容がわからなくなることはありません。

わからないところは飛ばしつつ、まずは最後までざっくり読んでみましょう。

 

1周目で全体像をつかんでから2周目を読めば、今度は理解できるかも。

それでもわからなかったら、また飛ばす。

 

3周目でもダメなら4周目。

それでもダメなら、参考書の説明が下手ということです。

 

②そもそも、参考書も後回しでOK

そもそもですが、初心者の方は参考書を読む必要はありません。

さすがに中1英語までは参考書で勉強した方がいいですが、それ以降は不要。

 

中1英語の参考書はこちら↓

英語を本当に一から勉強したい人にオススメの参考書は2つだけ!

2019.02.09

 

大前提として、英語は量をこなさないとわかるようになりません。

でも、参考書はクソつまらない面白くないのですぐ飽きますよね。

 

まずは下記の楽しい英語で英語に触れまくりましょう。

  • 海外ドラマ
  • 海外のマンガ、小説
  • 洋楽

(詳しくはこの記事の最後で!)

 

楽しく英語に触れまくれば、英語力はどんどん伸びていきます。

ある程度わかってきたら、気になるところだけ参考書で勉強すればOK。

 

③自分のレベルに合った勉強を

「わからない英語」は一生なくなりません。

僕もわからないことだらけで毎日凹んでます笑

 

なので、難しいところでいちいち止まってたらキリがないです。

 

例えば自分がレベル20だとして、レベル80の相手からは逃げていいんです。

基本的にはレベル15ぐらいの敵を倒しつつ、たまにレベル25の敵にチャレンジする感じ。

 

当たり前ですが、英語=外国の言葉です。

わからないと凹みますが、わからなくて当たり前。

 

「簡単にわかる」〜「ちょっと頑張ればわかる」ぐらいの範囲で勉強していきましょう。

わかる範囲がちょっとずつ広がっていきますよ。

 

英語力を伸ばすコツは、次の2つです。

  1. わからないところは飛ばす
  2. 楽しい英語で勉強する

 

楽しい英語で勉強する方法は↓の記事で解説しているので、ぜひ読んでみてください!