【英語耳×洋楽】でリスニング力を伸ばす勉強法!【発音練習】

ざせっちゃん
英語が全然聞き取れん!

と悩んでいませんか?

 

僕も勉強を始めたばかりの頃、リスニング教材を聞きまくっては

りょうすけ
全然聞き取れるようにならん!

と落ち込んでいました。

 

そんなとき、「英語耳」という本に出会ってリスニング力が変わりました。

英語耳は日本で1番売れてる発音の本です!

僕は英語耳で発音を勉強してから、徐々に英語が聞き取れるようになりました。

まだまだ勉強中ですが、TOEICのリスニングパートで430/495点を取れるぐらい。

 

この記事では、英語耳を使った発音の勉強法(手抜きアレンジVer.)を紹介していきます!

りょうすけ
楽しくリスニング力を伸ばせる方法なので、ぜひ続きを読んでみてください!

 

英語耳はどんな本?

英語耳のキャッチフレーズは、

発音できない音は聞き取れない。

です。

 

英語と日本語では発音が全く違います。

英語の発音を知らないと、英語を聞いたとき「カタカナ」に変換するしかありません。

 

これは大問題で、「カタカナ英語」じゃ聞き分けられない英単語ってたくさんあるんです。

  • バット:but(しかし)、bat(コウモリ)
  • アグリー:agree(賛成する)、ugly(醜い)
  • ボールド:bold(勇敢な)、bald(薄毛の)

 

話の流れから推測できなくはないですが、いちいち

ざせっちゃん
どっちじゃ?

って考えてると疲れますよね。

 

英語耳では、「英語をカタカナに変換せず英語のまま聞き取る」を目標に、発音のトレーニングを行います。

りょうすけ
ただ、英語耳のトレーニングはめちゃくちゃスパルタなんです・・

 

もちろん英語耳に書いてある通り練習するのが1番だとは思うんですが、

ざせっちゃん
英語耳しんどすぎ!

と思うようなら「手抜き」をしながらでも練習を継続した方がいいです。

 

ここからは、僕が実際に行った英語耳の「手抜きアレンジ」を紹介していきます!

 

英語耳の手抜きアレンジ概要

本来の英語耳トレーニングの流れは、

  1. 地味な発音練習
  2. 洋楽を使った練習
  3. 会話音声を使った練習

という感じです。

 

僕も「①地味な発音練習」からちゃんと始めようと思ったんですが、ちょっとやってみてしんどくなりました。

なので、楽しそうな「②洋楽を使った練習」から始めて、「①地味な発音練習」は後回しにすることにしたんです。

最後の「③会話音声を使った練習」はやってません笑

 

やったことはこんな感じ↓

  1. 洋楽を使った練習(前半)
  2. 地味な発音練習
  3. 洋楽を使った練習(後半)
  4. 海外ドラマを観まくる

 

ここからさらに細かく7ステップに分けて説明していきます。

  1. 好きな洋楽を見つける
  2. 洋楽を「歌詞カードを見ずに」100回聴く
  3. 「発音記号」付き歌詞カードを作る
  4. 「発音バイエル」を30~50回こなす
  5. 洋楽を「発音記号を見ながら」さらに100回聴く
  6. 洋楽を「発音記号を見ながら」100回歌う
  7. 海外ドラマを観まくる!

 

STEP1:好きな洋楽を見つける

まずは発音練習に使うための洋楽を探しましょう。

これから合計で300回同じ曲を聴くことになるので、しっかり時間をかけて「お気に入りの洋楽」を見つけましょう。

りょうすけ
僕のお気に入りの洋楽を下の記事で紹介していますので、参考にしてみてください↓

 

STEP2:洋楽を「歌詞カードを見ずに」100回聴く

お気に入りの洋楽が見つかったら、その曲を100回聴いていきます。

ここでは絶対に「歌詞カードは見ない」ようにしてください。

りょうすけ
歌詞カードを見てしまうと「カタカナ英語」に変換して聴いてしまうからです・・

まずは100回、普通に音楽を楽しむつもりで聴いてみてください!

 

ざせっちゃん
家族がいるから音楽流せないし、ずっとイヤホンするのもちょっと・・

という方には、「骨伝導イヤホン」がオススメ!

「骨を振動させることで音を聞かせる」というイヤホンで、普通のイヤホンと違って耳をふさがないんです。

音楽を聞きながら周りの音も聞くことが出来るので便利です!

 

この骨伝導イヤホン、僕も妻も1つずつ持ってます。

2人で違う音楽を聞きながら会話して「変な夫婦w」って言ったりしてます笑

1万円以上する高い買い物でしたが、好きなタイミングで好きな音楽を聴けるので良い買い物でした。

(ただ静かな場所だとけっこう音漏れするので、自宅用か散歩用になってます)

 

STEP3:発音記号付き歌詞カードを作る

お気に入りの洋楽を100回聴き終わったら、いよいよ歌詞カードを見てみましょう!

りょうすけ
いまはネットで曲名を検索したらだいたい歌詞が出てきます

 

歌詞カードを一通り読んでみたら、次は「発音記号」付き歌詞カードを作っていきます。

ざせっちゃん
発音記号って何じゃ?

発音記号とは、「英語の発音を表す記号」のことです(そのまんまですね笑)

 

単語帳や辞書とかに書いてある謎の記号が発音記号です。

 

いまのところは発音記号が全然わからなくてOKです!

お気に入りの洋楽の歌詞の発音記号を全部調べましょう!

ざせっちゃん
めんどくさそう・・
りょうすけ
↓のサイトで一気に検索できるよ!

 

↑このボタンをクリックすると、この画像のようなページに飛びます。

 

  • 歌詞を入力
  • 「アメリカ英語」「一行ずつ英語と一緒に表示」を選択
  • 「変換ボタン」を押す

 

すると、さっきの画面の少し下の方に↓こんな感じで「歌詞」と「発音記号」が交互に表示されます。

 

ちなみに、三角の再生ボタンを押すと「読み上げ音声」が流れます。

ざせっちゃん
技術の進歩すげー
りょうすけ
僕はこのサイトのことを知らなかったので、いちいち検索して紙に書いてました・・

 

STEP4:「発音バイエル」を30~50回こなす

発音記号付き歌詞カードを作ったら、いよいよ初めに説明した「地味な発音練習」を行っていきます。

このトレーニングの正式名称は「発音バイエル」といいます。

 

発音バイエルでは、発音記号を1つ1つ練習していきます。

1回20分ぐらいで終わるトレーニングなんですが、英語耳ではこれを「100回こなせ」と書いてあります・・

 

個人的には、

りょうすけ
いきなり100回もやっても意味なくない?

と思ってます。

 

ざせっちゃん
100回もやりたくない!

ってことで、30~50回ぐらいでOKにしましょう笑

 

だいたい30~50回ぐらいで「なんとなくこんな感じ?」と思えるようになります。

りょうすけ
苦手な発音記号があったら、発音記号付き歌詞カードを見ながら歌手の発音を聴いてみてください!

 

STEP5:洋楽を「発音記号を見ながら」さらに100回聴く

発音バイエルを30~50回こなせば、自分でもそこそこ発音できるようになっているはずです。

「そこそこ」っていうのがポイントで、この段階で完璧な発音は必要ありません。(というか無理です)

 

次は、お気に入りの洋楽を発音記号付き歌詞カードを見ながらさらに100回聴いていきましょう。

りょうすけ
初めに100回聴いたときとは全く印象が違うはずです!

 

ざせっちゃん
英語聴いてる~!!

って感じで、めちゃくちゃ気持ちいいです!

 

もし苦手な発音があったら、発音記号をマーカーペンか何かで色分けしておくのがオススメです。

りょうすけ
苦手な発音を意識して聞くことで、だんだん苦手意識が薄くなってきますよ!

 

STEP6:洋楽を「発音記号を見ながら」100回歌う

ここまでは洋楽を聴くばっかりでしたが、ここからはいよいよ一緒に歌っていきましょう!

ここでも発音記号付き歌詞カードは見ながら。

発音バイエルで学んだことを意識しながら、楽しく歌ってみてください!

 

ざせっちゃん
家族がいるから歌えん・・

という人は小声でOKです。

りょうすけ
もちろん「熱唱」の方が効果は高いです笑

 

STEP7:海外ドラマを観まくる!

洋楽を100回歌ったら、とりあえず「発音練習」は一旦終了です!

りょうすけ
お疲れ様でした!

 

といっても、この段階では「発音記号」が読めるようになったぐらいだと思います。

(めちゃくちゃ大きな進歩ですけどね!)

 

ここからは、「ネイティブの発音を聞きまくる!」という段階です。

洋楽でもいいんですが、もっとオススメなのが「海外ドラマ」です!

りょうすけ
海外ドラマはハマると寝るのも忘れて夢中で観ちゃうので、寝不足注意です!

観れば観るほど「発音の理解」が深まるので、ぜひ試してみてください!

海外ドラマ×Netflixで英語学習!楽しく勉強する5ステップ!

2018.11.17

 

発音がわかると英語がわかる!

英語耳の「手抜きアレンジ」をまとめるとこんな感じです↓

  • STEP1:好きな洋楽を見つける
  • STEP2:洋楽を「歌詞カードを見ずに」100回聴く
  • STEP3:「発音記号」付き歌詞カードを作る
  • STEP4:「発音バイエル」を30~50回こなす
  • STEP5:洋楽を「発音記号を見ながら」さらに100回聴く
  • STEP6:洋楽を「発音記号を見ながら」100回歌う
  • STEP7:海外ドラマを観まくる!

 

発音がわかるようになると、

  • リスニング力が伸びる
  • 自分の英語が相手に伝わりやすくなる
  • 単語が覚えやすくなる

など、メリットがたくさんあります。

勉強の効率が格段にアップしますので、ぜひ英語学習の早い段階で発音を勉強してみてください!