【大事なのは】TOEICの点数が下がっても落ち込まなくていい理由【手ごたえ】

英語学習

がんばったのにTOEICの点数下がった・・

と落ち込んでいませんか?

 

期待してた点数が取れないとめちゃくちゃ凹みますよね・・

 

僕も5ヶ月間みっちり勉強して

100点は伸びたはず!

ぐらいの手ごたえがあったのに10点下がった経験があります。

 

このときはもうめちゃくちゃ落ち込みました( ´△`)

「もう英語やめようかな・・」と真剣に考えたぐらい。

 

しかも周りのみんなは点数伸びてる・・

 

自分が点数下がったときに限って、周りは

目標点達成しましたー!
がんばってよかった!!

みたいなこと言ってるんですよね。

 

 

イヤミかよ!!

 

 

点数が下がると、どうしても

  • 落ち込んでしまったり
  • 周りと比較してしまったり
  • 英語がイヤになったり

してしまうと思いますが、気にすることはありません。

 

この記事では、

  • TOEICの点数が下がっても気にしなくていい!
  • 点数を他人と比べることに意味はない!
  • 大事なのは「点数」じゃなくて「手ごたえ」!

ということをお伝えします。

 

点数ダウンを経験して諦めかけた僕ですが、勉強を続けることでなんとか目標点を達成することができました。

「点数が下がった=あなたの英語力が下がった」ではないので、そのまま勉強を続ければ絶対に目標点を達成できます!

この記事の続きを読んで気持ちを切り替えてみてください!

 

①TOEICは体調次第で50点は上下する!

まず、TOEICはこんな感じのテストです↓

  • 2時間ぶっ続け
  • 面白くもない英語をひたすら聞く&読む
  • 200問をひたすら解く

 

 

つらすぎ!

 

 

「英語のテスト」というより、「体力と集中力の限界にチャレンジするテスト」という感じですよね。

ちょっと体調が悪くて集中力が落ちると、それだけでがっつり点数が下がってしまいます・・

 

集中力が落ちる原因は体調以外にもたくさんあります。

  • 前日よく眠れなかった
  • 朝ごはんを食べすぎて眠い
  • 会場までの電車が混んでて疲れた
  • 隣の席がすんごい美人だった

↑これだけでTOEICの点数は50点は上下してしまいます。

 

②TOEICは「問題が合わない」ときもある!

TOEICの採点方法には標準偏差という考え方が採用されているそうです。

 

なんじゃそりゃ?

 

 

 

簡単に説明するとこんな感じです↓

  • みんなが解けた問題が解けた→普通
  • みんなが解けなかった問題が解けた→点数アップ!
  • みんなが解けた問題が解けなかった→点数ダウン!
  • みんなが解けなかった問題が解けなかった→普通

つまり、他のみんなが「解けた」か「解けなかった」かによって1問の価値がかわるんです。

 

TOEICは「1問5点」のテストだと思っている人も多いですが、実は違うんですね

 

TOEICは7つのパートに分かれているので、誰でも「得意なパート」と「苦手なパート」がありますよね。

点数が下がるのが次の2つのパターンです。

  1. 得意なパートが簡単だった
  2. 苦手なパートが難しかった

 

「得意なパートが簡単」だと、みんながそのパートを解けてしまいます。

そうなると、自分の「得意」が目立たなくなります。

 

「苦手なパートが難しい」場合は地獄ですよね。

みんなも解けないかもしれませんが、自分はもっと解けません。

 

人には得意・不得意があって当然です!

今回は誰かに「負けた・・」と思っていても、次のテストでは圧勝できる可能性だってあります。

 

③TOEICのリスニングパートはテンポが狂うと総崩れ!

TOEICのリスニングは休む間もなく次々と問題を解かされます。

まだ解き終わってないのに次の問題が流れてきて、

 

ちょっと待って!

 

 

と思うこともよくありますよね。

 

前の問題にこだわりすぎてしまって次の問題が全滅・・ということもありえます。

テンポが崩れて点数が下がる、というのは「TOEICあるある」ですよね・・

 

1回置いていかれると、立て直すのが大変です。

でも、集中力が切れるタイミングって誰にでもあるし、

たまたま苦手な問題に当たってしまうことだってありますよね・・

 

④TOEICのリーディングパートは時間管理に失敗すると点数が下がる!

TOEICを初めて受けたとき、「リーディングの問題の多さ」に絶望しませんでしたか?

全然解き終わらん!

 

全部解こうと思うと「時間管理」がとても大事になります。

難しい問題に時間をかけすぎて簡単な問題を解く時間がなくなるのも「TOEICあるある」です・・

 

「時間管理が大事」といっても、そんなにうまくいきませんよね。

じっくり解きすぎると時間が足りなくなるし、急ぎすぎると間違いが多くなるし・・

たまたまちょうどいい時間配分ができたときは点数も上がりますし、できないと下がります。

 

点数はあくまで目安!大事なのは「手応え」

TOEICの点数には、「英語力」以外にもいろんな要素が関わってきます。

  • 体調
  • 集中力
  • 問題との相性
  • 時間管理

英語力関係なくね?

そうなんです。

英語力以外の要素のせいで50〰100点は上下するのがTOEICです。

 

なにより、TOEICの点数は「ただの数字」です。

点数が下がったからといって、あなたの英語力が下がったわけではありません。

せっかく英語力は伸びているのに、「ただの数字」が下がっただけで落ち込むのはもったいないですよね・・

 

大事にするべきなのは「点数」じゃなくて「試験中の手ごたえ」です。

  • 前回より聞き取れる!
  • 前回よりスラスラ読める!
  • 前回より文法問題が簡単に感じる!
  • 前回より単語がわかる!

これらの「成長」を感じたなら、点数が下がったって落ち込む必要はありません。

確実に英語力は伸びているので、ここで諦めずに勉強を続ければ点数も絶対についてきます!

 

 

TOEICであなたの英語力を正確に測ることはできません!

点数よりも手ごたえを大事にして、英語の勉強を続けていきましょう!


 
オススメ本を紹介!
 
りょうすけ
りょうすけ
↓勉強する大人の必読書!audibleお試し登録で無料で聴けます!
created by Rinker
¥1,540 (2020/05/27 10:47:49時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました