【洋書多読の大定番】「Holes」のあらすじと重要単語100を徹底紹介!

ざせっちゃん
『Holes』めちゃくちゃ難しくね?

「洋書多読」と検索すると必ず出てくるのが「Holes」という小説です。

めちゃくちゃ面白い本で、僕も何十回も読みました。

created by Rinker
¥807 (2020/02/25 18:45:37時点 楽天市場調べ-詳細)

 

この「Holes」、英語初心者の方にはめちゃくちゃ難しいです。

りょうすけ
僕も1回目を読み終えるまでに何度も挫折しました・・

 

「Holes」は英語を勉強している人全員に読んでほしい名作なので、この記事では「Holes」の

  1. 簡単なあらすじ
  2. 挫折ポイント
  3. 100個の重要単語

を紹介していきます!

 

ぜひこの記事を参考にしながらHolesを読破してみてください!

りょうすけ
Holesを読破できれば、あなたはもう洋書多読に夢中です!

Holesってどんな話?簡単なあらすじ

まず、Holesの背表紙に書いてある あらすじがこちら↓

(飛ばしてOKです!)

Stanley Yelnats is under a curse.

A curse that began with his no-good-rotten-pig-stealing great-great-grandfather and has since followed generations of Yelnatses.

Now Stanley has been unjustly sent to a boys’ detention center, Camp Green Lake, where the boys build character by spending all day, every day, digging holes exactly five feet wide and five feet deep.

There is no lake at Camp Green Lake. But there are an awful lots of holes.

It doesn’t take long for Stanley to realize that Camp Green Lake isn’t what it seems.

Are the boys digging holes because the warden is looking for something?

But what could be buried under a dried-up lake?

It’s up to Stanley dig up the truth,

 

で、和訳したものがこちら↓

(これも飛ばしてOKです!)

Stanley Yelnatsは呪われている。

彼の「いいとこ無しの汚れ腐れ豚泥棒のひいひいじいさん」から続くこの呪いは、Yelnats家を何代にも渡り苦しめている。

そして、Stanleyは無実の罪で少年更生施設「Camp Green Lake」に送られる。

そこでは少年達が更生のために毎日毎日、来る日も来る日も直径1.5メートル、深さ1.5メートルの穴を掘らされている。

Camp Green LakeにLake (湖)はない。あるのはおぞましい程に大量の穴だけ。

Camp Green Lakeはただの更生施設ではないとStanleyが気付くまで、そう時間はかからなかった。

少年達が穴を掘らされているのは、刑務所長が何かを見つけるため?

でも乾ききった湖なんかに何が埋まっているのか?

全てはStanleyが真実を掘り起こせるかにかかっている。

りょうすけ

↑だけだとよくわからないと思うので、もうちょっと詳しいあらすじを紹介していきます!

 

主人公のStanley、無実の罪で逮捕

主人公の「Stanley Yelnats」は太っちょのいじめられっ子です。

その日もいじめられてトボトボと帰り道を歩いていると、空からスニーカーが降ってきて頭に直撃

 

Stanleyは、「これは神様からの贈り物では」と思います。

ざせっちゃん
なんで?

Stanleyのお父さんは発明家で、Stanleyの「古いスニーカーをリサイクルする方法」を開発しようとしているからです。

開発はうまくいかず、Stanleyの家は貧乏な上に足の臭いが立ち込めています。

 

Stanleyのお父さんは頭がよくて忍耐力もあるんですが、なにせ運が悪い。

これも全て、Stanleyの「いいとこ無しの汚れ腐れ豚泥棒のひいひいじいさん」が1人のおばあさんから豚を盗み、呪いをかけられたせいです。

Stanleyの家族は呪いなんて信じていませんが、家族そろって運が悪いのは事実です。

 

空から降ってきたのはものすごい悪臭のスニーカー。

「これはお父さんの研究の手がかりになるかも」

そう考えたStanleyは、『運命のスニーカー』を持って走り出します。

 

Thinking back now, he wasn’t sure why he ran. Maybe he was in a hurry to bring the shoes to his father, or maybe he was trying to run away from his miserable and humiliating day at achool.

いま思うと、なぜ走ったのかわからない。お父さんに靴を届けるためか、はたまた惨めで屈辱的な一日から逃げ出したかったのか。

 

そのとき1台のパトカーが現れ、警官がStanleyからスニーカーを取り上げます。

なんと、そのスニーカーは5千ドル以上の値打ちがあるものだったんです。

有名な野球選手がホームレスの保護施設に寄贈したものなんだとか。

 

高額なスニーカーを持って走っていたStanleyは、窃盗罪で逮捕されてしまいます。

ざせっちゃん
つらみ・・

 

It wasn’t destiny, he realized. It was his no-good-rotten-pig-stealing great-great-grandfather!

運命なんかじゃなかった。これもいいとこ無しの汚れ腐れ豚泥棒のひいひいじいさんのせいだ!

 

少年更生施設「Camp Green Lake」へ

無実の罪で逮捕されたStanleyは、少年更生施設の「Camp Green Lake」に送られます。

「Green Lake」とは名ばかりで、そこはGreen(緑)もLake(湖)もない一面の荒地。

そこでは罪を犯した少年達が来る日も来る日も穴を掘らされています。

If you take a bad boy and make him dig a hole everu day in the hot sun, it will turn him a good boy,

That was what some people thought.

悪い子も、燃える太陽の下で毎日穴を掘らせれば、良い子になる。

どこかの誰かがそう考えた。

 

直径1.5メートル、深さ1.5メートルの穴を掘るのが1日のノルマ。

これを終えるまでその日は休めません。

水も十分に与えられず、毎日休みなくただひたすら穴を掘り続けます。

 

そんなある日、Stanleyが「あるもの」を見つけて事態は急変。

果たして、「Camp Green Lake」は本当にただの少年更生施設なのか?

少年達に穴を掘らせる本当の目的は?

 

りょうすけ
  • 謎だらけの前半からの
  • 一気に謎が解けて全てが繋がる後半

が面白すぎる、超名作です!

 

Holesの挫折ポイント

Holesは物語が動き出してくると夢中で読み進められるんですが、それまでが結構きついんです。

特に序盤は謎だらけでつらいです。

りょうすけ
そこで、ここからはHolesの挫折ポイントを紹介します!

 

Holesは7章が圧倒的に難しい!

僕が何度も挫折したのは「7章」です。

何度チャレンジしても、いつも7章で

りょうすけ
わけわからん・・

ってなってました。

 

7章では、

  1. Stanleyが1つ目の穴を掘る話
  2. Stanleyの「いいとこ無しの汚れ腐れ豚泥棒のひいひいじいさん」の話

の2つが描かれます。

 

この2つは完全に別々の話なんですが、なぜか交互に書かれているんです。

こんな感じ↓

 

しかも、この「ひいひいじいさん」の話はそれまでの話と全く関係ないんです。

急に話が変わるので

ざせっちゃん
いきなり何なん?

って絶対思います笑

 

基本的には本の通り交互に読むべきだとは思いますが、つらかったらそれぞれ別々に読んでもOKです。

 

物語が動き出すのは13章から!

12章ぐらいまでは

  • 登場人物の紹介
  • 背景の説明

がメインですが、13章からは物語が動き出します!

ここからどんどん面白くなっていくので、なんとかここまで我慢して読んでほしいです。

りょうすけ
登場人物どうしの会話も増えて読みやすくなります!

 

Holesの重要単語&頻出単語

Holesには難しめの単語もたくさん出てきます。

でも、重要な単語はそれほど多くありません。

りょうすけ
重要な100単語をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください!
  • 1文字目が大文字:登場人物のニックネームに関連する単語
  • 動詞は(原形)-(過去形)-(過去分詞形)で表記する場合も
1 curse 呪い
2 descendant 子孫
3 inventor 発明家
4 fortune 財産
5 rob 強奪する
6 outlaw 不法者
7 strand 置き去りにする
8 survived 生き残る
9 refuge 安全地帯
10 overpass 歩道橋
11 destiny 運命
12 coincidence 偶然
13 shelter 避難所
14 odor 悪臭
15 arrest 逮捕する
16 innocent 無実の
17 crime
18 blame 非難する
19 steal-stole-stolen 盗む
20 courtroom 法廷
21 delay 遅れる
22 afford ~する余裕がある
23 lawyer 弁護士
24 thief 泥棒
25 punish 罰する
26 sheriff 保安官
27 investigation 調査
28 discipline しつけ
29 build character 人格を育てる
30 vacancy 空席
31 Warden 刑務所長
32 Sir イエッサー(Yes,sir)
の『サー』
33 BarfBag ゲロ袋
34 Squid イカ
35 XRay X線
36 Magnet 磁石
37 Armpit 脇の下
38 Twitch ピクピク
39 Caveman 原始人
40 rattlesnake ガラガラヘビ
41 scorpion サソリ
42 bite 噛む
43 yellow spotted lizard 黄斑トカゲ
44 pig
45 piglets 子豚
46 buzzard コンドル、タカなど
47 donkey ロバ
48 bug
49 onions 玉ねぎ
50 peaches
51 sunflower ひまわり
52 seed
53 shell
54 burlap 目の粗い麻布
55 sack
56 bully いじめっ子
57 pick on いじめる
58 dig-dug-dug 穴を掘る
59 shovel スコップ
60 wheelbarrow 手押し車
61 dirt
62 dump 投げ捨てる
63 pile 積み重なり
64 mound (土などの)山
65 bury 埋める
66 mud
67 fossil 化石
68 sore 痛い
69 wound ケガ
70 day off 休みの日
71 cot 簡易ベッド
72 fill 満タンにする
73 spigot 蛇口
74 canteen 水筒
75 empty 空の、空にする
76 thirsty のどが渇いた
77 spit 吐き出す
78 feet 長さの単位(1feet=30.48cm)
79 pound 重さの単位(1pound=0.45kg)
80 lake
81 row 船をこぐ
82 stream 小川
83 cliff がけ、絶壁
84 rut わだち
85 ledge 出っ張り
86 thumb 親指
87 climb 登る
88 wasteland 荒れ地
89 cabin 小屋
90 desert 砂漠
91 weed 雑草
92 oak オーク(木の種類)
93 marry 結婚する
94 daughter
95 promise 約束
96 lullaby 子守歌
97 stare じっと見る
98 fix 直す
99 weird 変な
100 belong to~ ~のものです。

 

↑この100単語をおさえておけば、他のわからない単語は全部飛ばしてもOKです!

ざせっちゃん
え、わからん単語は辞書ひきながら読むんじゃないん?
りょうすけ
わからんところはどんどん飛ばしていいよ!

 

「わからない単語は飛ばす」など、洋書の読み方については↓の記事を参考にしてみてください!

【初心者向け】「英語多読」完全マニュアル!多読の始め方&多読三原則を徹底解説!

2019.08.31
りょうすけ
絶対役に立つボリュームたっぷりの記事です!

 

では、さっそくHolesを楽しんでみてください!

created by Rinker
¥807 (2020/02/25 18:45:37時点 楽天市場調べ-詳細)

 

Holesの次は「Master of the Game」という本がオススメ!

こちらは大人向けの洋書です!

【洋書多読のド定番】Master of the Gameの重要単語225!

2019.05.18

 

Holesはまだ難しい・・という方へ

ざせっちゃん
やっぱりHolesはまだ難しい・・

という方はもう少し難易度の低いものから読んでみましょう。

オススメは「Marvin Redpost」というシリーズ。

りょうすけ
僕が洋書多読にハマるきっかけになった本です!

 

Holesと同じ作者の作品で、こちらも洋書多読の定番です!

↓の記事で簡単なあらすじと重要単語を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

洋書初心者におすすめな「Marvin Redpostシリーズ」を徹底解説!

2018.12.31
それでは、この記事を最後まで読んでいただきありがとうございました! ぜひ続きをどうぞ↑